So-net無料ブログ作成
検索選択

<強姦致傷>異例 さらに10年求刑 強殺未遂で懲役25年(毎日新聞)

 強盗殺人未遂罪で懲役25年の判決確定後、強姦(ごうかん)致傷罪などに問われた無職、永田健一被告(62)の東京地裁(林正彦裁判長)の裁判員裁判で、東京地検は20日、異例の懲役10年を求刑した。強盗殺人未遂罪と合わせ有期懲役刑の上限(30年)を超えるが、検察側は「事件に見合う刑を科すべきで、懲役5年以下は軽すぎる」と主張した。

 刑法は判決確定前に犯した複数の罪を「併合罪」として扱い、有期刑の場合は最も重い罪の上限の1.5倍までしか科されない。有期刑の上限は20年のため、併合罪の上限は30年。刑法や法務省規定で、これを超える分の刑は執行されない。

 永田被告は埼玉県秩父市のコンビニで09年3月、店員に拳銃を発砲したとして、さいたま地裁で同12月に懲役25年の判決を受け確定した。一方、東京地検は裁判員制度開始後の同7〜8月、04、06年に東京都中野区などで女性2人に性的暴行したとして起訴。裁判員の負担を考慮し、別々に裁判が行われた。

 裁判員裁判で弁護側は「3事件が一括審理されれば懲役30年以下だった」と懲役5年以下を求めた。同様のケースで東京高裁が94年、上限を超える刑の言い渡しは可能と判断している。【伊藤直孝】

【関連ニュース
裁判員裁判:強姦致傷事件で厳罰化傾向 実施状況を公表
茨城信者に性的暴行:牧師が起訴内容を全面否認
児童買春容疑:警視庁委嘱の51歳補導員を逮捕
千葉障害者準強姦:被告に懲役8年求刑 起訴内容認める
児童ポルノ:3少年は元被害者 報酬渡されグループに

オートバイでひったくり、容疑の少年2人逮捕(産経新聞)
トレーラーのタイヤ脱落し炎上 阪神高速守口線(産経新聞)
「新ねじれ」の実現で参院選後は政界再編?(産経新聞)
タクシー運転手刺される 男3人、現金4万円奪い逃走(産経新聞)
平城遷都1300年祭 メーン会場、収容力不安も(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。